アイスクリーマーを使った手作りアイスクリームのレシピ
手作りアイスクリーム>白あんのアイスクリームの作り方

白あんのアイスクリーム

水煮缶の白インゲン豆を甘めに煮て作ったアイスクリームです。この缶詰は輸入品で100円弱で購入できました。薄い塩味でとても柔らかくなっていますので、好みの分量の砂糖を加えてしばらく煮るだけで、良い味になります。

材料 約500ml分(凍らせる前)

生クリーム 植物性低脂肪 200cc、ホイップ用砂糖 大さじ1杯
白インゲン豆の水煮缶 1缶 固形分240g, 味付け用砂糖 大さじ2杯
豆乳50cc (豆をブレンダーするため)

作り方

1.缶詰の豆を水分ごと鍋に移し、砂糖大さじ2杯を加えて、味を煮含めます。(5分くらい煮たら火を止めます。冷める間に味が豆にしみるからです。)

白インゲン豆

2. 豆が冷めたら、網しゃくしで豆をすくって、豆乳50ccを加えてミキサーにかけるか、マイボトルブレンダーでペーストにします。マイボトルブレンダーは、我が家で大活躍している、一人分のミックスジュースが手軽にできるミキサーです。何より便利なのは、簡単に洗えることと、器具が大きくないことです。

豆をペーストにする

3. よく冷やした陶製のどんぶりに、生クリームと砂糖大さじ1杯を入れ、ハンドミキサーでホイップします。クリームが飛び散るのを防ぎたいときは、写真のようにラップをぴったり張って、回転する羽が当たらないように気を付けてホイップします。厚みのあるどんぶりを使うと、暑さの影響を受けにくいので、氷水に当てなくてもホイップできます。

生クリームのホイップ

 

4アイスクリーマーに豆のペーストと生クリームのホイップを入れてかき混ぜて、冷凍室に入れます。

生クリームのホイップ

5.出来上がり

白あんのアイスクリーム

このレシピではしっかり固く出来上がりました。豆の煮汁は冷めると固まりやすい性質があるからでしょう、猛暑の時期でも、溶けるのをさほど気にしなくてもよさそうな位です。
柔らかめにしたい場合は、豆乳あるいは牛乳を100cc位まで増やしたり、豆乳の分量はそのままで煮汁を全部使ってもよいと思います。

好みで柚子のしぼり汁やレモン汁をかけたり、変わったところでは梅酢を少々かけても、おいしいです。味に癖のないインゲン豆なので、いろんなバリエーションが楽しめます。



Sponsored Link