アイスクリーマーを使った手作りアイスクリームのレシピ
手作りアイスクリーム>アイスクリームとは

アイスクリームとは

アイスクリームと普通に呼んでいますが、アイスクリームとはいったいなんでしょうか?市販のアイスのパッケージを見てみるとわかりますが、「アイスクリーム」と表示があるものの他に「アイスミルク」「ラクトアイス」と書かれたものも存在します。

食べる側、普通の人にとっては牛乳や生クリームから作ってある氷菓子の総称としてアイスクリームが使われていますが、法的には、成分によって分類が分けられているのです。もちろんこの分類は日本国内だけのもので、国によって分類方法は異なりますし、多分分類などないところも多いでしょう。

アイスクリームの分類

アイスクリーム

法的に決められているアイスクリームは乳脂肪分が8%以上で、乳固形分が15%以上のものを指します。ちなみに乳固形分というのは、牛乳から水分を除いた残りの成分のことです。

アイスミルク

アイスミルクは、乳脂肪分3%以上で、乳固形分が10%以上のものを指します。

ラクトアイス

ラクトアイスは、乳固形分3%以上のものです。乳脂肪分は含まれていなくてもかまいません。

市販のアイスクリームには、乳脂肪分が含まれておらず、植物性の油脂が使われているものがかなりありますが、これらはほとんどラクトアイスに分類されます。

氷菓

上記以外のものを指します。シャーベット類はすべて法律的には氷菓に分類されます。

このサイトで紹介している手作りアイスクリームの場合、市販を目的としていませんから、あえて分類する必要性はなく、乳脂肪分や乳固形分の量を計算してはいません。法的な定義に基づくアイスクリームではなく、一般的な名称としてのアイスクリームだと考えてください。

ただし、牛乳や生クリームを含まないものの場合にはシャーベットと表記します。



Sponsored Link